カラダメディカ

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

  • HOME
  • 夫の暴言に困ってます

みんなのQ&A

心療内科のQ&A

夫の暴言に困ってます

2011/09/29 16:50

相談者: ちぽぞうさん(34歳/女性)

Q - 1

ちぽぞうさん

2011/09/29 16:50

夫は会社で上司と合わず、休日も朝から憂鬱そうで起きられないし、家族に対してとても冷たい態度です。なにげない一言がとてもトゲトゲしく、こちらは我慢はしてますが、あまりにも限界で反論したときは、さらに暴言を吐かれます。他には滝に打たれたいとか、お祓いしたいとか、この家の方角が悪い、とかあれこれ言います。これはうつ病の症状ですか?家族としてどんなサポートをしたらいいですか?
 
A - 1
カラダメディカ先生

2011/09/30 13:05

お書きになったことだけから、うつ病かどうか判断することはできません。 うつ病の診断基準はいくつかありますが、例えばアメリカで広く使われているDSM4の診断基準は以下の通りです。 以下の症状のうち 5 つ (またはそれ以上) が同じ 2 週間の間に存在し、病前の機能からの変化を起している;これらの症状のうち少なくとも 1 つは、(1) 抑うつ気分または (2) 興味または喜びの喪失である。 (1) その人自身の明言 (例えば、悲しみまたは、空虚感を感じる) か、他者の観察 (例えば、涙を流しているように見える) によって示される、ほとんど1日中、ほとんど毎日の抑うつ気分。 (2) ほとんど 1 日中、ほとんど毎日の、すべて、またはほとんどすべての活動における興味、喜びの著しい減退 (その人の言明、または他者の観察によって示される)。 (3) 食事療法をしていないのに、著しい体重減少、あるいは体重増加 (例えば、1 ヶ月で体重の 5%以上の変化)、またはほとんど毎日の、食欲の減退または増加。 (4) ほとんど毎日の不眠または睡眠過多。 (5) ほとんど毎日の精神運動性の焦燥または制止 (他者によって観察可能で、ただ単に落ち着きがないとか、のろくなったという主観的感覚ではないもの)。 (6) ほとんど毎日の易疲労性、または気力の減退。 (7) ほとんど毎日の無価値観、または過剰であるか不適切な罪責感 (妄想的であることもある)、(単に自分をとがめたり、病気になったことに対する罪の意識ではない)。 (8) 思考力や集中力の減退、または決断困難がほとんど毎日認められる (その人自信の言明による、または、他者によって観察される)。 (9) 死についての反復思考 (死の恐怖だけではない) 。 いかがでしょう?

相談回答件数239,369

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、スポーツトレーナー、カウンセラー