CARADA 健康相談

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

みんなのQ&A

婦人科

相談者

妊娠中のインフルエンザ予防接種について

相談者:カラダさん(32歳/女性)

現在妊娠29週目の妊婦です。最近、インフルエンザの予防接種を受けたと耳にすることが多くなりましたが、妊娠中でも予防接種は受けたほうが良いでしょうか? 何らかの副作用があるならそれはどのようなものでしょうか? 回答お願いいたします。

相談者に共感!

0

2011/10/23 22:28

インフルエンザワクチンは病原性をなくした不活化ワクチンであり、胎児に影響を与えるとは考えられていないため妊婦は接種不適当者には含まれていません。海外ではインフルエンザ感染による母体死亡や重症化の危険性から、インフルエンザの流行時期前に、14週以降(安定期)の妊婦にはインフルエンザの予防接種をするべきであると勧告しています。また、心疾患や糖尿病などの合併症妊娠では、週数の如何にかかわらず予防接種をすべきとも勧告しています。 これまでにインフルエンザワクチンで明らかに胎児に奇形が生じたという報告はありません。予防接種や内服など、何もしなくても3%程度は何らかの障害を持って生まれてくる確率は誰にでもあります。そういうことをすべて踏まえて、最終的にはご自分の判断に任されると思います。

2011/10/23 23:18

相談回答件数262,872

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、カウンセラー