CARADA 健康相談

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

みんなのQ&A

その他

相談者

喉のつまりとしゃべりにくさ

相談者:かっぴいさん(36歳/女性)

夏ごろから 喉(喉仏の斜め上辺り…左右ともに)の通りがわるいです。それが原因で しゃべるときに耳の中に膜が張ったような感じになり、話すときに声が耳の中にこもり、自分の声が聞こえづらい状態になって声を出しづらくなります。なにかを飲んだり(食べたり)くしゃみをしたり たんを出したりしたあとは 一時的に通りがよくなりますが またもとに戻ってしまいます。横になると症状はなくなります。詰まっているあたりを押すと症状もかるくなるので、タオルを首に巻いて 結び目をつまっているあたり(のどぼとけの斜め上辺り)に押し当てる…など、ほぼ一日そうしている状態です。以前耳鼻咽喉へいきましたが、原因はわかりませんでした。どこかの管が細いのかな?と想像しているのですが解決策はあるでしょうか? その症状がひどいと 首あたりがこったり 空気が通りにくくなった感じになったりすることもあります。

相談者に共感!

0

2011/10/26 21:06

症状から考えると扁桃腺腫大や、それにより耳管咽頭口という中耳とつながっている管が閉鎖されて、耳の違和感が生じているのではないかと考えられますが、耳鼻咽喉科では異常がないとのこと。それ以外の喉周囲の異常だとしても、半回神経という声帯の動きを支配する神経や、舌咽神経という喉の神経などどれも耳鼻科的なものが原因となる症状ですのでやはり耳鼻科で調べていくしかないのではないかと思われます。病名をつける程の異常ではないということなのかもしれませんが、生活に支障が出ているようならもう一度耳鼻科を受診して検査や原因について考えられることなどを聞いておく方が良いと思います。

2011/10/27 10:30

相談回答件数263,408

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、カウンセラー