CARADA 健康相談

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

みんなのQ&A

その他

相談者

不妊治療と乳ガンについて

相談者:スイートアリッサムさん(38歳/女性)

不妊治療で、ルトラールやエストラーナテープ、ルティナス膣錠などのホルモン剤を使っていたのですが、そのせいで、乳ガンになりやすいということは、ありますか?

相談者に共感!

0

2016/06/10 18:26

質問、有難うございます。
乳癌については、「高エストロゲン状態が長く続く」「細胞内で、遺伝子異常が生じる」などの、幾つかの要因が重なる事が必要です


不妊治療の関係で、ホルモン剤を使う事で、「高エストロゲン状態が長く続く」という要因を満たしてしまうかも知れませんので、「
乳癌になりやすくなる」と言う事は出来ます。
しかし、「ホルモン剤のせいで乳癌になった」というのは、言いすぎの話になります。
「ホルモン剤を使う事で必ず乳癌になる」という訳では無いので、必要ならば、ホルモン剤内服(点滴)を続けて下さい。

回答は以上です。
他に疑問が有りましたら、気軽に相談して下さい。

2016/06/10 19:20

相談者

スイートアリッサムさん

今は、妊娠していて、もう使わないのですが、時間が経つとホルモン剤の影響もなくなって来ますか?

2016/06/10 19:32

質問、有難うございます。
妊娠、おめでとうございます。
乳癌については、「妊娠・出産回数」が多いほど、乳癌リスクが減ると言われています。
これは、「妊娠・出産回数」が多いほど、エストロゲンに暴露されている時期が少なくなるからです。

「不妊治療においてエストロゲン製剤を使われていた」ならば、それは「元々、エストロゲン分泌量が少なかった」と言えます。
少なかった分を補うだけならば、「妊娠・出産回数」が同じである、不妊治療を行っていない女性と同じリスクと考えます。

時間が経過する・しないに関わらず、ホルモン剤の影響は僅かなもの(但し、少しは残る)と考えますので、御安心下さい。

回答は以上です。
他に疑問が有りましたら、気軽に相談して下さい。

2016/06/10 19:41

相談回答件数253,082

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、カウンセラー