カラダメディカ

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

みんなのQ&A

外科

相談者

リウマチと腱鞘炎の違い

相談者:さくらさん(33歳/女性)

いつもありがとうございます。
前回、手首のだるさを相談させてもらって、リウマチの可能性があるとのことでした。今のところ、だるさが他へうつったり、痛みが出てきたりということはないのですが、リウマチと腱鞘炎の違いって何でしょうか???
子どもが4ヶ月のころ、両手首、親指がだるくなりその後痛みがでてきて、腱鞘炎と診断されました。このことも、関係あるのでしょうか???

相談者に共感!

0

2016/06/12 01:59

質問、有難うございます。
リウマチと腱鞘炎は、全く別物の疾患です。

リウマチは「自己免疫疾患」に分類され、本来ならば外部からの細菌・ウイルスに対してのみ効果(攻撃)を発揮する「免疫」が、自分の正常な細胞に攻撃を加えてしまう病気です。
腱鞘炎は、腱と呼ばれる組織に炎症が生じている疾患であり、使いすぎが主な原因です。免疫との関係は認めません。

腱鞘炎が、「患部を安静に保つ(あまり使わないようにする)」事が治療になるのに対し、リウマチは適切な薬剤を投与しないと、症状がどんどん進行します。腱鞘炎については、余程のひどい状況で無ければ、受診しなくても「患部を安静に保つ」で治る事が期待できますが、リウマチは「受診しないと症状が進行する(早めの受診が勧められる)」疾患です。

回答は以上です。
他に疑問が有りましたら、気軽に相談して下さい。

2016/06/12 07:13

相談回答件数247,596

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、カウンセラー