カラダメディカ

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

みんなのQ&A

泌尿器科

相談者

膀胱炎

相談者:じまのこさん(31歳/女性)

いつもありがとうございます。
3月に血尿、頻尿、排尿痛のため、泌尿器科を受診したら膀胱炎と診断され、抗生剤を飲みました。
昨日、同じ症状がでたので、同じ病院の泌尿器科を受診したら出血性の膀胱炎と診断され、抗生剤がでました。
2回とも尿検査の結果を受けてからです。
ただ、今回は診察が終わってからもう一度尿検査がありました。培養するそうです。それから一週間後もう一度受診することになりました。その際、スピッツに尿を入れて提出してから診察だそうです。
ちなみに今回の尿検査の結果は、
尿の濁り有、比重1.019、ph6.5、蛋白定性2+、糖定性-、ウロビリノーゲン定性Normal、ビリルビン定性-、ケトン定性-、潜血定性2+、亜硝酸塩定性2+、白血球定性3+、赤血球と白血球の数値は100HPF以上、扁平上皮細胞5-9、硝子円柱-、細菌3+、封入体細胞1-4HPF
でした。

質問ですが、前回はその後の診察や検査がなかったのに、今回は培養や一週間後の検査、診察があるということで、別の病気の可能性があるのか心配です。
一週間後の再検査は何のためなのか、今回の尿検査の数値からどんな状態なのか、解説のようなものが知りたいです。
細かくなってしまい、申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。

相談者に共感!

0

2016/06/15 17:08

質問、有難うございます。
一度目(前回)の場合は、尿検査をして、担当医が「膀胱炎」と判断し、「抗生剤を処方すれば、すぐに治るだろう」と考えていたと推測します。
それに対して、二度目(今回)の場合は、3ヵ月という比較的短期間の間隔で、膀胱炎(というよりも、より重篤な状態にあるかもしれない尿路感染症)を発症しているために、担当医が「より慎重に経過を追わなければ」と考えると共に、尿培養(尿に存在する菌を培養する検査。診察後にもう一度採尿したのは、その検査の為です。)を行い、原因菌を確認するためであったと考えます。
1週間後の再診・検査は、担当医の「より慎重に経過を追わなければ」の気持ちが現れていると考えます。⇒1週間後の再検査は、「経過を追うため」の検査です。

今回の尿検査からは、やや症状の強い膀胱炎(というより、腎臓にも影響を与えているかもしれない尿路感染症)を疑います。
しかし、まずは担当医が処方した薬剤を内服して様子をみるのが良いと考えます。

もし、再診前に強い発熱・倦怠感が生じた場合は、早めに担当医に相談するようにして下さい。

回答は以上です。
他に疑問が有りましたら、気軽に相談して下さい。

2016/06/15 18:52

相談回答件数251,268

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、カウンセラー