CARADA 健康相談

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

みんなのQ&A

婦人科

相談者

術後の傷

相談者:くまもんさん(41歳/女性)

お世話になります。子宮筋腫の開腹手術をして16日が経ちました。傷の事でご相談です。術後2週間程に、家で掃除機を持ちながら階段を掃除していたら傷付近でプツッとしました。そのあとは少し傷の痛みは増強しましたが、今は変わりありません。気になるのは傷付近の左右さで、片方の傷の端が妙に盛り上がっている気がします。単に贅肉なのかもしれませんが、術後に動きすぎて、腸が突出している可能性はありますか?聞いた所により、中の糸が切れるとヘルニアになることもあるとか。痛みの増強はないため、経過観察で大丈夫でしょうか?ヘルニアになると、何が危険ですか?よろしくお願いします。

相談者に共感!

0

2016/06/26 14:02

くまもんさん、こんにちは。傷付近でプツッとしたというのは、腹筋に力が加わったことで、腹壁を縫合している糸が切れたことによるものである可能性はあると思います。開腹手術の場合には、腹壁の縫合法にはいろいろありますけれど、基本的には、奥から腹膜、筋膜、脂肪、皮下埋没あるいは皮膚といったように層ごとに縫合されています。糸については、通常は吸収糸が使われていますので、術後の日数が経過すると抗張力(傷を寄せておく力)が落ちてきて、やがて融けていきます。各層を縫合している糸は、太さや材質が違っていて、もっとも強力な糸は筋膜縫合に使われる糸です。術後16日ということであれば、筋膜縫合の糸はまだしっかりしていると思います。ということで、プツッといったのは脂肪縫合の糸だったのかも知れません。筋膜縫合が切れますと、特に連続縫合で塗ってある場合に切れてしまうと、筋膜縫合のかなりの長い部分がほどけてしまうので、腸が出てきてしまって、腹壁直下に触れる様になります。これが腹壁瘢痕ヘルニアです。日常生活にはほとんど影響することはないと思いますけれど、お腹に力を入れると筋膜が欠損した部分が丸くふくれてしまうということが起こってきます。今回のことについても、まずご心配はないと思いますけれど、様子を見ていただくのがよろしいかと思います。尚、傷付近の左右差については、特に立位で上から見たときには感じるかも知れません。術後早い時期ですと、まだ左右差があるかも知れませんけれど、次第に左右均等になっていくと思います。以上、ご参考になれば幸いです。どうか、お大事になさっていただきたいと思います。ご相談いただきまして、大変ありがとうございました。尚、他のお悩みも受け付けております。また、何かあればご質問いただきたいと思います。

相談者

相談者からのお礼

早々に大変ご丁寧にありがとうございます。初めての手術で分からない事ばかりです。先生のご回答で安心できました。いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

2016/06/26 14:26

相談回答件数263,408

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、カウンセラー