CARADA 健康相談

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

みんなのQ&A

その他

相談者

夜寝る前の飲食について

相談者:むじさん(42歳/女性)

最近、お腹が減ってないのに 夜、寝る前についつい食べてしまうことがあります。そんな日の翌朝は、体がダルかったりします。このような習慣を改めるには、どうしたらよいですか?

相談者に共感!

0

2016/06/28 11:40

質問、有難うございます。
寝る前に食べてしまうのは、「太る」「逆流性食道炎の発症に繋がる」点から、改善した方が良いと考えます。

質問内容を確認する限りは、体のダルさは、逆流性食道炎に繋がるような「胸焼け、胃酸過多」によるものと考えます。

「お腹が減っていないのに」という事なので、食事時間・就寝時間を設定して、その時間を守るのが良いと思います。
例えば、夕食を19時頃、寝る時間を23時頃、朝食を7時頃にするなどです。
リズムが出来れば、自然に夜食の習慣は無くなると考えます。

回答は以上です。
他に疑問が有りましたら、気軽に相談して下さい。

2016/06/28 17:13

相談者

むじさん

逆流性食道炎にかかると、どんな症状になるのですか?

2016/06/28 21:12

質問、有難うございます。
逆流性食道炎の症状としては、「胸焼け」「嗚咽」「喉の違和感」「酸がこみ上げる感じ」「胸焼け」「長期間に及ぶ(原因不明の)咳」が有ります。

詳しく診断して頂くなら、胃カメラで食道・胃粘膜を確認して頂くのがお勧めです。
治療(酸を抑える薬剤)で症状改善が期待できますが、寝る前2時間以内の食事を止める事でも、改善が期待出来ます。

回答は以上です。
他に疑問が有りましたら、気軽に相談して下さい。

2016/06/28 21:37

相談回答件数263,466

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、カウンセラー