CARADA 健康相談

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

みんなのQ&A

心療内科

相談者

意見ください。

相談者:ひとりさん(40歳/男性)

妻は、1人でいる事が不安になる。
運転中、不安になる。怖くなる。
突然、不安からおかしくなるんじゃないかと思う。
外出が苦手。二階以上デパートいけない。高速道路、助手も苦手。バス、電車無理?人に否定されると苦手になり傷つき、ずっと気になってしまう。情報にすぐ流される。人とのコミュニケーションが苦手。
ルボックスとパキシル、どちらがだされますか?
メイラックスは必要ですか?

相談者に共感!

0

2016/06/30 11:04

ひとりさん、ご質問ありがとうございます。
引き続き、回答させて頂きますね。

ルボックスとパキシルということであれば、私ならパキシルを処方します。
これはパニック障害のような要素を持ち合わせている点からです。
ただ、ルボックス・パキシルのいずれかを出すかどうかの前に、そもそもルボックス・パキシルを出して良いかの判断も必要です。
自信過剰、睡眠欲求の減少(例:3時間眠っただけで十分な休息がとれたと感じる)、多弁、考えが次から次へと思いつく、注意散漫、社会活動に次々と参加する、ギャンブル・投資・性などへの依存、などを連続2日以上認めたようなことが過去に1度でも合った場合には、軽躁エピソードを疑う必要があります。
この場合、先にパキシル等で自殺のリスクを高める可能性を指摘しましたが、軽躁エピソードが見られたことがある方の場合、気持ちをあげすぎて、行動の激化、自殺のリスクを高める危険性があるため、パキシルやルボックスを投与すべきではない、あるいは非常に慎重に用いるべきと考えます。
そのあたりに心当たりがあるようであれば、必ず主治医に報告・相談して下さい。

また、メイラックスを使うかどうかはケースバイケースです。パキシルやルボックスには即効性が期待できません。その点、メイラックスは即効性を期待できます。目の前で患者さんが切迫して症状に困っているようであればメイラックスを使用します。ただ、なるべくであれば、私の場合は早く症状を和らげることよりも、少ない薬で経過をみたいと考えるたちなので、そのあたりは主治医の考えや患者さんの意向によるかとは思います。
歯切れのよい答えでなくて申し訳ありません。

2016/06/30 11:22

相談者

ひとりさん

一度パキシルを出されて飲んだことがあったのですが、

妻はルボックスより、だるく感じる。性欲がなくなる。1週間も続けず辞めました。

やはり、そんな理由じゃなく、つづけるべきでしょうか?

2016/06/30 11:38

再度、質問ありがとうございます。
続けるべきかどうかは、やはり、主治医と奥様との間の相談になります。
パキシルをルボックスに変更する前に試すことができうる選択肢として、パキシル20mgを出されたのであれば、パキシル10mgに量を落として処方する。パキシル10mgを初めに出されたのであれば、5mgに量を落として処方する形があります。また、パキシルにはパキシルCRという製剤もあり、パキシルよりもパキシルCRの方が副作用が出にくいとされております。パキシル10mgでそのような副作用が出た場合はパキシルCR12.5mgを試す余地はあったかもしれません(パキシル10mgとパキシルCR12.5mgは同等の効果と考えられております)。
また、パキシルの服薬タイミングがもしも朝や昼に内服なさっていたのであれば、夕方や寝る前に変更することで副作用の出具合は軽減される可能性はあります。
このようにパキシルを継続する前提でより副作用が出にくい形をとることも検討の余地はあろうかと思います。
一般的にはパキシルやルボックスを飲むことで出始めた副作用は継続することで軽減してくる場合もあります。7日~10日ころには軽減するとも言われており、パキシルを継続することも選択肢としてありです。
ただ、だるさ、性欲低下が思いのほか、奥様ご自身を困らせるようであればパキシルは変更すべきとも考えます。
どのお薬で副作用が出るのか、出ないのかは個人差があるため、どちらにすべき、ということは断言しづらうところがあります。
実際のところはフェイストゥフェイスで確認してでないと判断は難しいかもしれませんね。
現在、ルボックスを内服し始めて、問題なく飲めている(副作用があっても我慢できる範囲)ようであれば、とりあえずはルボックス継続、必要に応じ増量で良いように思いますよ。

相談者

相談者からのお礼

ありがとうございます

2016/06/30 11:50

相談回答件数262,836

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、カウンセラー