カラダメディカ

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

みんなのQ&A

心の相談

相談者

親との距離感

相談者:ぱんぷきんさん(25歳/女性)

親との距離感で悩んでいます。

私はこれまで実家で父母と生活していたのですが、この度、一人暮らしを始めたいと思っています。
勤務地は実家から1時間程度で、もちろん通えないことはありません。ただどうしても「親にお世話をしてもらっている」感覚が抜けず、周囲の一人暮らしをしている友人と比べても、引け目を感じていました。
実家で生活していると、仕事の忙しさを理由に家事のほとんどを母親に任せてしまうことが多々あり、またそれについて母からも「私は女中じゃない」「召使い扱いしないで」などとくどくどと言われます。一方で、洗濯や掃除などの家事を手伝おうとしても、「手を出さないで!」の一点張りです。実家はどうしても、父と母の家であって、私の家ではないと感じます。

そこで思い立ったら吉日と考え、自分1人で物件を仮押さえし、一人暮らしをしたいと親に打ち明けました。
ただ、予想以上に父母ともに驚いたようで、引き止めるようなことを何度もしつこく言ってきます。
一人暮らしは実家生活よりお金がかかるのはもちろん承知していますし、安全とは言えないこともわかっています。
ただ、私は胸を張って、自分の力で生活している、と言えるようになりたいだけなんです。

父母のことは大好きですし、高齢になっていく親を見ていると、いつか亡くなるのを想像してとても怖くなります。だからこそ、自分ひとりで十分にやっていける力を今のうちにつけておきたいと考えています。

それとも、父母が言うように、実家でお金を節約しながら安全に、結婚するような日が来るまで生活するのがよいのでしょうか?
どうしても、親との距離感が近すぎるように感じて、お互いに子離れ・親離れが必要だと思っているのですが…

考え込んでいたらわからなくなってしまったので、アドバイスいただきたいです。よろしくお願いいたします。

相談者に共感!

0

2016/06/30 20:55

ぱんぷきんさん、初めまして。
カウンセラーのTAKAと申します。
よろしくお願いします。

ご相談内容、拝読いたしました。
今、とても前向きな気持ちで行動を始められていらっしゃること、とても素晴らしいと思います。
ご両親のお言葉にも耳を傾け、考えていらっしゃり、ご両親を大好きだというお気持ちも読んでいてとても伝わってきました。

ただ、ぱんぷきんさんが一人暮らしを始めたいと決意されたお気持ちも凄くよくわかります。

私は大学進学を機に実家を出て一人暮らしを始めました。大学は、親の勧めた地元の大学と、隣の県の大学にも合格し、私はとにかく親と距離を置きたかったので隣の県の大学への進学を強く希望しました。その時、父は「車を買ってやるから家から通える大学に」と引き留めました。母はいつも気丈な人で、私の一人暮らしをすんなり受け入れてくれましたが、ワクワクしながら引っ越し準備をする私に、「少しは寂しそうな顔してよ」と言ってきたのが印象的でした。

今、高校生と中学生の親になってみて、あの時の親の気持ちもわかります。心配なんですよ、親は。可愛い子どもを目の届くところでいつも見守っていたい。

ぱんぷきんさんのご両親も、きっとぱんぷきんさんのことがとても大切だから、色々と心配してくれているのだと思います。

私は、一人暮らしをする前は、父と仲が悪く、反抗ばかりしていましたが、離れてみて初めて、親のありがたみを感じることが出来ましたし、父との関係性も良くなりました。

ぱんぷきんさんが今、一人暮らしをすることは、経済的には確かにデメリットも大きい気がしますが、それ以上にメリットが多いと考えていらっしゃるようだったら、ご両親に理解してもらって一人暮らしを始められるのは良いことだと思います。

とてもしっかりとした考えを持っていらっしゃるぱんぷきんさんなら、一人暮らしを始めてもご両親を大切にしながらやっていけるのではないかな、と私は感じました。

参考になれば幸いです。

またいつでもご相談くださいね。

読んでくださり、ありがとうございました。

TAKA

相談者

相談者からのお礼

TAKA先生、回答いただきありがとうございます。
先生ご自身の体験をお聞きして、これまでのことを振り返ってみると、親が心配してくれる気持ちについても納得できました。
先生も仰る通り、離れてみて初めて関係性が見直せそうなので、両親とは改めて話し合った上で、一人暮らしを始めたいと思います。
ありがとうございました。

2016/06/30 22:34

相談回答件数249,271

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、カウンセラー