CARADA 健康相談

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

みんなのQ&A

心の相談

相談者

旦那への苛立ち

相談者:コマチさん(30歳/女性)

結婚する際、私からのお願いは『ありがとう』と『ごめんなさい』は大事にしようということでした。しかし旦那は私にその二つを言おうとしません。私は言うように心がけています。その二つが言えないことに対して小さなことでも腹が立ち、何度かその二つの言葉について話をしましたが『言ってなくはない』といわれ自覚しようともしてくれません。また、家を買う話や、子が欲しい話、貯金をしていく話など未来について話そうとしても『今』が平穏にすぎればイイという考えからその話を避けようとし、話し合いにもなりません。旦那は友達が少なく他の人に相談しようともしないし、まず考えることから逃げ続けています。そして私が言った意見に対しては『それは(私)の意見であって、それが普通って訳じゃない』と言われました。他人の意見を聞いてみる機会があれば何かしら感じてもらえるのにと残念に思います。結婚してもうすぐ三年。そろそろ現実逃避から脱出して欲しいのです。旦那は夜急に出掛けてくると言い行き先も教えてくれず出ていったり、私の枕を素足で踏んだり(わざとではないが注意しても『う~ん』というだけで繰り返す)、下の階の人に迷惑なほどの足音なのでもう少し足音気を付けんと迷惑になると優しく注意しても『そんなに大きくない』と言い気づこうともしません。A今のは『ごめん』って言う所よというポイントがここまで分からないか、おかしい、と思うのは私のエゴでしょうか。10ヶ月の子供がいるのですが、育児疲れというだけで片付けられないほどイライラします。
Bなにかよい解決への道はないでしょうか。Cどう誘導すれば『現実逃避せず未来について考える』『ごめんと言える』『人の気持ちに気づく』ことができるのでしょうか。特にABCへの回答をお願いします。

相談者に共感!

1

2016/07/26 22:14

コマチさん、初めまして。
カウンセラーのTAKAと申します。
よろしくお願いします。

ご相談ありがとうございます。
小さなお子様の育児をしながら、この先の人生設計に想いを巡らせていらっしゃるコマチさんは
とても素晴らしいと思います。

それに対して、ご主人は、「ありがとう」「ごめん」などを言わず、お子様のことや家のことなどについての話し合いを避けて通ろうとしていることに腹が立っていらっしゃるとのことですね。私はこんなに考えているのに、何なの?という感じでしょうか?

まず、AとBに関して。
以前、「主人が玄関で靴を脱いだ際に靴を揃えないどころか、他の人の靴を踏んでいたりすることが嫌で嫌で仕方がありません。腹が立って仕方がありません。」というようなご相談を受けたことがあります。今回のコマチさんのご相談と似ているかな、と思いました。
そのことに腹を立てるメリットって何だろう?と考えてみたことはありますか?メリット、無いんですよね。例えば、靴を揃えないなどは恐らく長年それで良しとした家庭で暮らしてきた習慣なんでしょうね。「靴を揃えたく無い」というより、「靴を揃える」という発想が無いのかも知れません。コマチさんのご主人も枕をわざと踏んでいるわけではないけど、枕を踏まない、という意識がない、というような。
「こうでなければいけない」「私の考えが正しい」という考え、思い込みを手放すと、こうした怒りやイラつきは無くなると思います。

Cについて。
大人になって出会った相手に対して、「こういうところを変えて欲しい」という願いはなかなか難しいかも知れません。「オーダーメード」の服なら好きなデザインやサイズが可能ですが、「既製服」では難しいし、お直ししていじりすぎたら元々の形がなくなって、全く違うものになってしまいますよね。それと似ているかも知れません。

ただ、では全部諦めなければいけないかというとそうでもありません。相手が自分で変わろうと思ってくれたらチャンスはあります。

同じ方法で何度話してもお願いしても無理だったら、違う方法を試してみましょう。

ご主人も日常のお仕事で疲れていて、なかなかゆっくり考える余裕がないのかも知れません。タイミングを変えて話してみる、とか、遊びがてら住宅展示場に行こうと誘ってみる、とか。

少しでも参考になれば幸いです。

またいつでもご相談ください。

読んでくださり、ありがとうございました。

TAKA

相談者

相談者からのお礼

気持ちが少し軽くなりました。腹をたてる意味のなさ、育ってきた環境の違いによる意識の違いかあるのは納得です。もう少し頑張ってみようと思えました。

回答に納得!

2

2016/07/26 23:35

相談回答件数257,035

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、カウンセラー