CARADA 健康相談

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

みんなのQ&A

婦人科

相談者

妊娠初期の胃薬

相談者:さりさりさん(34歳/女性)

妊活中です。一年前くらいから逆流性食道炎ではじめはパリエットとガスモチンでしたが、妊活中だと話すと六君子湯に変わりました。六君子湯は妊娠初期でも飲んでも大丈夫ですか?

相談者に共感!

0

2016/07/31 23:18

質問、有難うございます。
六君子湯については、添付文書では、「妊婦における安全性は確立されていない」と言われています。
しかし、これには、「漢方薬については、人体内でどのように作用しているか不明であり、有害・無害が判断できない」という背景が有ります。
実際には、多くの妊婦に六君子湯は処方されていて、特に問題になったケースはないと思います。(個人的には、安全と考えます。)

回答は以上です。
他に疑問が有りましたら、気軽に相談して下さい。

2016/07/31 23:31

こんばんは。

六君子湯についてですが、上の先生もおっしゃっているように添付文書には安全性は確立されていない、と記されているます。しかし、妊娠中に薬を使用したことによる悪影響については十分なデータがないケースがほとんどですので、そういった事情から添付文書にはそう書かざるを得ない薬がほとんどです。ですので、「安全性が確立されていない=危険」ではなく、多くの薬では「安全と言えるだけの十分なデータがない」ということです。

そして、漢方薬もその例にもれず、そう書かれています。しかし、漢方薬は基本的には妊娠中に使用することで明らかな害があるとは考えられておらず、安全に使用できる薬として多くの産婦人科で処方されています。ですので、六君子湯も一般的に内服しても問題ないと考えられています。

2016/07/31 23:55

こんばんは。回答させて頂きます。
妊娠中の六君子湯に関してですね。
一般的には、妊娠中の漢方は絶対にしてはいけないという薬の分類には含まれていません。妊娠中に六君子湯を内服している方もいますが、明らかな副作用は特に報告はされていません。逆流性食道炎がひどい場合には漢方の内服をしても良いと思います。
また何かありましたら御相談して下さい。ありがとうございました。

2016/08/01 00:59

さりさり ん、こんにちは。パリエットとガスモチンともに、薬の添付文書では「妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること」となっております。したがいまして、両薬は必要性があれば妊娠中でも使用は可能ということになります。漢方薬については、単独の物質からなっているものはほとんどなく、多くの処方はいくつかの生薬が配合されたものとなっております。妊娠中に使ってはいけないとされている生薬の代表はブシです。また、便秘に使う大黄も子宮収縮を誘発する可能性があるということで基本的には使用されません。ところで、六君子湯については8つの生薬を配合したものになっております。そのいずれも妊娠中に使ってはいけないという物ではありません。六君子湯の構成生薬については昔からいろいろな漢方薬に使われていて、妊婦さんにも使用経験があると思われ何ら問題になる事象は報告されていません。話はパリエットとガスモチンに戻りますけれど、これらの薬も添付文書上は妊娠中での使用は問題ないということにはなりますけれど、漢方薬に比べますと新しい薬になりますので、使用経験という点では少ないということにはなると思います。以上、ご参考になれば幸いです。どうか、お大事になさっていただきたいと思います。ご相談いただきまして、大変ありがとうございました。尚、他のお悩みも受け付けております。また、何かあればご質問いただきたいと思います。

2016/08/01 05:25

相談回答件数257,023

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、カウンセラー