カラダメディカ

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

みんなのQ&A

心療内科

相談者

自律神経失調症の不安感

相談者:はるさん(33歳/女性)

去年の11月に子宮内膜症から自律神経失調症と診断されました。子宮内膜症も元は不妊に悩んでいたところからひどくなったように思います。その当時は8時間立ちっぱなしの仕事でしたので、度々の体調不良で仕事を辞めることにしました。その仕事を3月に辞め、4月からは週3回夕方から夜にかけて自分のもともとやっていた家庭教師を始めました。好きな仕事なので無理なく続けられると思っていましたが、最近生理前の体調不良にはその仕事も続けるのが苦痛です。主な症状はめまいや吐き気、便秘や下痢を繰り返すなどです。仕事中に体調が悪化してしまわないかの不安もあります。また好きな仕事すらできないのか、というショックもあり、落ち込んでしまいます。一度完全に仕事をしないようにしたほうが良いのでしょうか?また体調が悪い時に無理して仕事をしないほうが良いのでしょうか?

相談者に共感!

0

2016/08/02 14:47

はるさん、こんにちは。
体の症状と不安とですごく心配ですよね。

仕事を完全に辞めた方がいいかどうかについてですが、完全に止めた方がいいとは私は考えません。
仕事が原因で体調を崩しているのであれば、仕事をしっかり休んだ方がいいとは考えます。
おそらく仕事を完全に辞めてしまった場合に、どうすごせばいいのか、社会に何か貢献できているのか、お金の心配は、など仕事を辞めたなら辞めた状況に対して不安をあおる状況に陥ってしまうだろうと予想します。
月経の前は自身がないようであれば、事前にお勤め先に連絡を入れて休みにさせてもらったり、振り替えたりでもよいかと思いますし、月経周期からある程度、このあたりのタイミングと予想されるのであれば、そこのタイミングは仕事を休むなど外すようにしていってみてはどうかと思います。
はるさんご自身が仕事を好きだと思えているのであれば、先方の生徒さんやご家族は悪い風には思っていないと思いますので、ある程度の融通はきくように思いました。

想像するにはるさんご自身、もともと心配症な傾向があり、不妊、子宮内膜症、仕事の疲れ、めまい・吐気・下痢・便秘といった体の症状の出現、体調不良による仕事を辞めないといけないショックなど色々なことが影響し、悪循環に陥っていると考えます。

ベースにある「不安」が色々な症状と密接に関わっているように思われます。不妊→将来妊娠できないかもしれない不安、子宮内膜症→将来妊娠できないかもしれない不安、不安状態→脳が疲れる→身体症状(めまい・吐気・下痢・便秘)の出現、身体症状や月経不順→仕事が続けられない不安、といったような具合です。

そのため、不安→身体症状→不安→身体症状… といった悪循環が形成してしまっているのではないかと推測致します。
この不安は仕事を辞めることで一時的な症状が緩和する可能性はありますが、またぶり返してしまう可能性があり、根本解決にはならないと思います。
また、不安の解決は、心構えとか生活習慣だけで何とか改善できない場合には、精神科・心療内科とも相談し、必要に応じ薬剤の使用も検討してみても良いかもしれません。確かに服薬を開始することは妊活から遠ざかってしまうかもしれません。ただ、妊娠だけでなく、出産、育児、も精神的な安定感はとても大切です。
ご自身だけで抱えることのないよう旦那さまとも相談しながら決めていってみてはいかがでしょうか。

回答に納得!

1

2016/08/02 17:35

相談回答件数249,369

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、カウンセラー