CARADA 健康相談

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

みんなのQ&A

食事

相談者

ビールの抗酸化作用

相談者:たっくんさん(29歳/男性)

ある記事でビールのホップの抗酸化作用は体に良いから1日500mlまでなら健康に良いようなことが書いてあったのですが、本当ですか?栄養士さんやお医者さんによって考え方の分かれるところでしょうか?

相談者に共感!

0

2016/09/06 10:20

たっくんさん、お問合せありがとうございます。
管理栄養士のなおこと申します。

ワインのポリフェノールと同様に、ビールのホップに含まれるポリフェノールの一種が、抗酸化作用を持ち、さまざまな健康効果をもたらすことが話題になっていますね。
お酒を飲む方にとっては、嬉しい記事ですよね。
ビールの抗酸化作用についての研究は、諸外国でもいろいろとなされていますが、いずれの研究においても、『適量の範囲での飲酒』とすることが前提条件となっています。

ポリフェノールは野菜や果物にも含まれていますので、全体的にバランスのよい食事を心がけていただくことを基本としながら、もし、飲むのであれば適量の範囲(ビールなら500mlまで)にして、飲み過ぎにならないように注意をして頂いたらよいのではないでしょうか。

また、遺伝的にお酒が飲めない体質の方(アルコールを分解する酵素を持ってない方)、治療中の方や健康診断の結果が悪く、アルコール制限が必要な方などにつきましては、アルコールの摂取自体を控えて頂いたほうがよい場合もあるので、事前にかかりつけ医などにご相談を頂ければと思います。

また、ご不明な点がございましたら、いつでもお問合せください。

2016/09/06 14:50

相談回答件数256,452

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、カウンセラー