CARADA 健康相談

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

みんなのQ&A

婦人科

相談者

乳ガン検診について

相談者:ぽんさん(27歳/女性)

乳ガン検診を受けようと思っています。マンモグラフィーとエコーどちらが良いのでしょうか。それぞれの特徴と共に教えて下さい。

相談者に共感!

1

2016/09/06 12:40

ぽん さん、こんにちは。
回答させていただきます。
乳がん検診について、のご質問ですね。
マンモグラフィー、エコーそれぞれにメリット・デメリットがございます。
体型の記載がございませんので以下に列挙してみます。

エコーは、超音波により映し出された画像で診断するので、
・放射線を受けたくない
・妊娠初期
・頻回に検査が必要な方などに適しています。ただ、以下に示すマンモグラフィーの被曝量も決して高いわけではありません。
マンモグラフィーは、乳房を機械で挟んで撮影するため多少の痛みがありますが、しこりとしても触れない小さな乳がんや、乳がん以外の乳房の病気も見つけることができます。
より小さな腫瘍を見つけるにはマンモグラフィーが優れているという報告が多いのですが、費用が若干高くなります。
また乳腺に厚みがあるような方はエコーのほうがよい、とする報告もございます。

以上、ご参考にして頂ければ幸いです。

回答に納得!

1

2016/09/06 12:58

質問、有難うございます。
言いたい事の大半は、きよし先生の回答内容に記載されています。

マンモグラフィは、乳腺の量によって検出率が変化します。
乳腺の量があまりに多いと、仮に腫瘍が有っても、「異常なし」と判定されてしまう可能性が有ります。
乳腺が多い場合は、エコーを優先するのが良いと考えます。

回答は以上です。
他に疑問が有りましたら、気軽に相談して下さい。

2016/09/06 17:42

ぽんさん、こんにちは。27歳という年齢ですと、おそらく乳腺濃度が高いと思いますので、マンモグラフィを行うと真っ白な画像になってしまう可能性があります。マンモグラフィを乳腺濃度が高い方に行いますと、仮に腫瘤があっても正常乳腺に隠れてしまい見落としてしまう可能性があります。したがいまして、もちろんマンモグラフィを行ってもよいのですけれど、一般的には40歳未満の若い方の場合にはどちらかを選ぶとすればエコーの方がよいかと思います。ただし、マンモグラフィは微細石灰化を見つけるには非常によいので、可能であればどちらもうけておかれるとさらによろしいと思います。ちなみに、乳腺濃度が低い方の場合には、マンモグラフィでも腫瘤を見つけやすくなります。ということで、まとめますと、40歳未満の方であればエコーを、40歳以降であればマンモグラフィを受けられるのがよく、可能であればどちらも受けておかれるとよろしいということになります。以上、ご参考になれば幸いです。どうか、お大事になさっていただきたいと思います。ご相談いただきまして、大変ありがとうございました。尚、他のお悩みも受け付けております。また、何かあればご質問いただきたいと思います。

2016/09/06 18:34

相談回答件数263,180

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、カウンセラー