カラダメディカ

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

みんなのQ&A

婦人科

相談者

チョコレート嚢胞について

相談者:ハイジさん(45歳/女性)

5年前にチョコレート嚢胞と診断され、4,5センチメートル前後でずっと変わらず経過観察を続けています。生理痛はひどくなく、特に治療はしていません。
チョコレート嚢胞から卵巣がんになるとよく聞きますが、今後いずれは手術しなければならないのでしょうか。するなら早い方がいいのでしょうか。このまま経過観察でよいのか不安です。

相談者に共感!

0

2016/11/20 12:49

ご質問ありがとうございます。
チョコレート嚢腫の癌化については、リスク因子は二つと考えられます。年齢と大きさです。確かに、現段階ではそれほど大きい腫瘍とは言えませんが、このまま5cm前後で変わらないとすると、やがて閉経前後では癌化リスクの増える大きさとなります。もちろん、実際に癌化するのは数十人~数百人に一人程度ですから、経過観察しようと考えるのも当然ですね。ただ、もし「経過観察していたが、怪しげな所見が出て来た」ので手術、という段になった場合、本当に癌であれば侵襲の小さな腹腔鏡手術ではすまないかもしれません。やはり一定のめどをつけて手術に踏み切るのがよろしいのではないでしょうか。こういう「どちらがいいのか」という問題は難しいですね。私とは違う意見の医者もいるかもしれませんので、複数の回答をお求めになってみてはいかがですか。

2016/11/20 22:24

相談回答件数251,467

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、カウンセラー