CARADA 健康相談

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

みんなのQ&A

運動

相談者

日々の筋トレ

相談者:秀実さん(36歳/女性)

下腹というより胃のあたりが出て脂肪もついてます。
1人前の食事をしてもお腹がパンパンになってしまいます。
(幼児体系…)
やせ型でしたが、ここ1.2年で4.5キロ増えました。
30半ばで164cm、55キロです。

姿勢をよくしようとして反り腰になってしまっていたようで
骨盤を立たす?ようにしていたら背中が痛くなってきました
外反母趾のため下半身の歪みもあると思います

ぽっこりお腹とかよく見かけますが
胃のあたりを引き締めるにはどんな筋トレが良いでしょうか
(ストレッチは多少してますが筋トレも取り入れたいと思ってます。)
満足に腹筋もできないので、腹筋の弱い人用の
バランスボールなど使わない運動方法が知りたいです
全身に効くようなのも…

よろしくお願いします。

相談者に共感!

2

2016/12/17 17:42

ご質問ありがとうございます。

パーソナルトレーナーの松永健吾と申します。

まず知っておいてほしいのは、

1.食べたあとお腹がぽっこり出るのは、いわゆる「体幹」が弱いため

2.反り腰タイプの人は、ぽっこりお腹で出っ尻になりやすい

ということです。

1.食べたあとお腹がぽっこり出るのは、いわゆる「体幹」が弱いため

体幹部の筋肉は、コルセットのように着いているので内臓を安定させていると言われています。

その体幹部の筋肉が弱いと、食べ物を食べた時にそのまま胃が下に下がる(伸びる?)と考えられます(※筋肉だけの問題ではないと思いますが)

なので、体幹部の筋肉を鍛えるといいと思います。

まずは簡単なドローインをやってみましょう。

「ドローイン」
・お腹を引っ込める
・引っ込めたままキープ
・最初は30秒くらいから始め、どんどん長くしていく
・お腹に手を当て、引っ込めたままキープできているかチェック

これは立ってても寝ててもできるので普段から意識しましょう!

2.反り腰タイプの人は、ぽっこりお腹で出っ尻になりやすい

反り腰タイプの人は、

下っ腹、お尻→弱い
もも付け根、腰→緊張している

という場合が多いので、下っ腹とお尻はトレーニングをし、もも付け根と腰はストレッチをしましょう。

「下っ腹トレーニング」
・仰向けで寝て、膝を持ち上げる
・膝を胸に近づける
・戻す

「お尻トレーニング、ヒップリフト」
・仰向けで膝を立てる
・お尻を持ち上げる
・下ろす

これらを各15回×2~3セットやってみましょう。

「もも付け根ストレッチ」
・片膝をつき、反対は前に
・体重を前にかけ、もも付け根が伸びるのを感じる

「腰のストレッチ」
・仰向けで両膝を抱える
・腰が伸びてるのを感じる

各30~60秒程度やりましょう。

文章ではわかりづらいので、ネットで検索してみて下さい。すぐ出てきます。

「いい姿勢」を意識すると腰が反ってしまう方は多いです。

いい姿勢のポイントは、

・肩甲骨を軽く寄せて下げる
・お腹を引っ込める
・お尻を締める

です。

そうすると、身体がスッと上に伸びる感じがするので、その姿勢が当たり前になるように日々意識してみて下さい。

ちなみに、トレーニングは全てそうですが、楽になってきたらもう効いていないと思っていいので、少しずつ負荷を上げていってくださいね!

またわからないことがあればご質問ください。

回答に納得!

2

2016/12/17 19:14

相談回答件数263,200

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、カウンセラー