CARADA 健康相談

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

みんなのQ&A

内科

相談者

ウィルス性胃腸炎

相談者:ねずちゃんさん(38歳/女性)

ウィルス性胃腸炎のウィルスが、抜歯後みたいな歯の状態からの感染で、弁膜症や、僧坊弁閉鎖不全症等に悪影響はありますか。

相談者に共感!

1

2017/01/14 08:33

質問、有難うございます。
細菌が、抜歯後みたいな歯の状態からの感染で、弁膜症や僧坊弁閉鎖不全症等に悪影響を及ぼす可能性は有ります。(実際に、自分も似た症例を何度か経験しているので。)
但し、ウイルス性胃腸炎のウイルスについては、臨床での経験が無く、文献(自分が把握する限り)でも、拝見した事が有りません。
今回の質問については、「ウイルスは悪影響を及ぼさない」と回答します。

回答は以上です。
他に疑問がありましたら、気軽に相談して下さい。

回答に納得!

1

2017/01/14 15:21

相談者

ねずちゃんさん

分かりましたありがとうございました。胃腸炎のウィルスが心臓に及ぼす影響が、はっきりと判明されていないみたいですが、注意しておくにこしたことはないようですね。そして質問になりますが、胃腸炎の影響でイレウス等になるようなこともありえますか。なった場合にとりあえずできる処置等はどういうものがあるでしょうか。

2017/01/14 21:51

質問、有難うございます。
イレウスといっても、幾つかのタイプに分かれます。
医療的に最も怖いのは、あまりにも腸管がねじれていて、腸管への血流が途絶えている「絞扼性イレウス」というものです。
一方、腸管がむくんで、「一時的に腸管の通りが狭くなっているだけ」というものについては、「機能性イレウス」となります。

胃腸炎の場合は、「機能性イレウス」になる事が有ります。
対応としては、「絶飲食」に加え、点滴をします。(必要に応じて、抗生剤の投与も行います。)

ゆえに、簡潔に申し上げると、イレウスが生じた場合には、「点滴が必須」であり、入院が必要となります。(一部、入院せずに、毎日の通院で治された方も居ますが、あまりお勧めはしません。)

回答は以上です。
他に疑問がありましたら、気軽に相談して下さい。

2017/01/15 07:43

相談回答件数256,643

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、カウンセラー