CARADA 健康相談

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

みんなのQ&A

お薬

相談者

子供の便秘

相談者:クローバーさん(31歳/女性)

年少の男の子です。
離乳食を始めたあたりから便秘気味で3~4日に一度出るという感じです。
病院にも行きましたが、薬が効きすぎて下痢になるか、薬が全く効かないのどちらかです。
幼稚園もあるので下痢は可哀想で、病院に相談したところ、市販の浣腸をした方がいいと言われたので様子を見て浣腸をするようにしてます。
病院では浣腸はクセにならないから大丈夫と言われましたが、心配です。

また、まだ就寝の時だけオムツなのですが、オムツだと安心するのかオムツにしてしまいます。
トイトレもうまくいかないし、便秘だしで親の私が悩んでしまいます。
何かいい方法はありませんか?
助けてください。

相談者に共感!

1

2017/01/16 17:19

ご質問ありがとうございました。
当方、薬剤師ですが、小児科での勤務が長かったので、お答えします。
便秘に関してですが、医師からは便秘という診断になっているのでしょうか。
便秘の定義は幾つかありまして、3日に1度ぐらい普通に出ているようでしたら便秘ではないということもありますし、
本人が便が出ずに苦しい状態と訴えている場合には、3日に1度でも便秘というこもあります。
http://www.benpi-kaiben.com/faq/208/

食べる量が少ない、水分摂取が少ない、決まった時間に食事を摂らない(だらだらずっと食べているということはなさそうですが)、
食事後に胃に物が入った反射で腸が動き出すのですが、トイレに行くのを我慢してしまうと、段々その刺激が分かりづらくなってしまい、
便秘になってしまうこともあります。食後にトイレにとりあえず行ってみるというのも大事です。

また、安心する=副交感神経が高まる=腸の動きが活発になる ということもありますので、
もしかすると、お子さんは幼稚園などで緊張しているのかもしれませんね。
まだ年少ですし、便が出るのであれば、帰ってきて、安心して家で便をするのはいいと思いますが…。

周りでも、年中で、便だけはオムツでないとできない子もいますし、徐々にと思いますが。

また、浣腸に関しては、そこまで癖にはならないかと思います。ただ、1回に2-3本以上使っていると、刺激に慣れてしまうこともあるので、
1回に1本で、出ないようでしたら、30分後にもう1本ぐらいのペースで、行ってみてください。

まずは、そもそも便秘なのかどうか、という投げかけをさせていただきましたが、
病院で、便秘という診断が出ているようでしたら、医師の指示に従っていただければと思います。
※便は1日1回出さないといけない、という固定観念から、食が細かったり、食物繊維の量が足りず便が少なくて、なかなか排泄がない人にも
安易に下剤を使う状況があります。(特に高齢者)
ですので、自然に3日に1度ぐらい出ていて、本人もそこまで辛そうではなければ、浣腸やおむつなどとうまく付き合って、
改善していければいいのではないかと思います。

お大事になさってくださいませ。

回答に納得!

1

2017/01/16 17:57

相談者

クローバーさん

病院からは便秘症と言われています。
本人は4日目あたりから食欲も落ち始めるので、どうしても浣腸をするしかない状態です。
便が溜まってる方が体に悪いと言われたので4日目あたりに浣腸をするようになったのですが、自分で排便する力がなくなってしまう気がしてご相談させて頂きました。

相談者に共感!

1

2017/01/16 21:49

ご質問ありがとうございました。
そうでしたか。それは心配ですよね。

4日に1回ぐらいでは浣腸は自分で排便する力が無くなるほどにはならないかと思います。
むしろ、刺激してあげるので、浣腸をした次の日からは、また食後にトイレに行きたがらなくても、一度、トイレに座ってりきんでみる。
ということをして、トイレに行く習慣と、腸の刺激の反応を思い出させてあげるといいかと思います。
※それでまた、出ないようでしたら、4日目に浣腸をするという感じになりますね。

整腸剤を飲んだり、ヨーグルトを食べたり、食物繊維で便のかさを増したり、足の屈伸をしたりして腸を刺激したり、オリーブオイルを少し摂取する(小さじ1杯~2杯)など、色々便秘の対策はありますので、合うものが見つかるといいですね。
お大事になさってくださいませ。

回答に納得!

1

2017/01/17 07:45

相談回答件数268,416

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、カウンセラー