カラダメディカ

医師や専門家に相談できる医療・ヘルスケアのQ&Aサイト

みんなのQ&A

婦人科

相談者

子宮頸がん

相談者:K子さん(35歳/女性)

性交渉により子宮頸がんのリスクが高くなるということですが、過去に問題がないと診断されたその後、性交渉が何年もなく過ぎた場合は、子宮頸がんになるリスクは一般的には低くなるものですか?それとも若いうちにたった1度経験があれば、その何年も後になってからでも発症するリスクは一般的な場合と同じようにあるのでしょうか?

相談者に共感!

0

2010/11/12 00:00

最近の研究では子宮頸がんの原因の多くがヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染です。性交渉により感染し、その後体内から自然消失することもありますが、持続感染している場合もあります。また、子宮頚がんの原因はHPVウイルスだけでないので、確率とかリスクを考えるのではなく、定期的にがん検診を受けるべきです。

2010/11/12 00:00

相談回答件数241,785

匿名相談OK お客様満足度96% 受付時間365日24時間

※ 2016年1月~12月実績

ドクターイメージ

対応している専門家

医師(内科、小児科、外科、婦人科、皮膚科、心療内科、睡眠、泌尿器科、整形外科、耳鼻科、眼科、その他)薬剤師、栄養士、スポーツトレーナー、カウンセラー